2017年度 第11回関東修道同窓会コンペ

2017年度の関東修道同窓会コンペは、10月6日雨の心配はどこ吹く風、暑くも無く寒くも無く絶好の天候の下名門、総武カントリークラブ総武コースで平日にもかかわらず、31名の参加で開催されました。最年長は9回生の浜中康二大先輩、元気に完走されました。10回生の大先輩は団体戦に参戦して頂きコンペを盛上げて頂きました。最年少は33回生の今井哲男さん。さて、結果は如何に。

 

全体写真(スタート前 集合写真)

組み合わせ

 

個人戦の成績は、今大会最年少で元プロキャディの33回生 今井哲男さんが実力者揃いの諸先輩方を抑え見事優勝いたしました。

 

ベスグロは、14回生の金原正夫さんでした。団体戦にも貢献されました。

 

■ 第19回関東修道同窓会コンペ(秋)個人戦 成績表

 

団体戦は、下記の6学年、22名の参加で熱戦を繰りひろげました

結果は、各学年上位3名の合計で争いました。大接戦を制したのは20回生で2位の14回生との差は3人のストロークで0.4でした。又、強豪の13回生が3位で2位との差は2.4と緊迫した戦いでした。

10回生の大先輩、久しぶりの出場 ありがとうございました。

団体戦出場学年:10回、13回、14回、20回、23回、32回

 

優勝 20回生

 

 

準優勝 14回生

3位 13回生

 

■ 第19回関東修道同窓会コンペ(秋)個人戦 成績表

 

 

このサイトをフォローする!